お茶の間

サッカー、映画が好きなおちゃが適当に書き込む日記。 コメントなぞ残していただけたら喜びますです。

プロフィール

おちゃ~

Author:おちゃ~
もうすぐ三十路のなんちゃってSEです。
毎日更新を目標にのんびりやっていきたいっすね。
主に映画、サッカーネタが多いです。
コメント、トラバは大歓迎なのでガシガシやってください!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

幸せのちから

2007/02/02(金) 01:38:09

siawasenochikara.jpg


1日だ!映画の日だ!1000円だ!
そうだ、映画に行こう!
ちうわけで幸せのちから観てきました。

底辺を味わった男がアメリカンドリームをつかむサクセスストーリーです。
これだけで説明してしまうにはもったいない作品でしたね。
メインテーマは親子愛ですから!

何気ないセリフの中に親子愛を感じる言葉がいっぱいあってよかったんですが、もっと親子の絆の描写は濃くしても良かったように思えました。
淡々としている訳じゃないんですけど全体的に薄い印象を受けましたね。

ただ、「いいパパだ」というセリフにはグッときました。
まだ独身の僕には子供を持つ人と同じ気持ちになれないですが、自分の子供にこう言われるようになりたいですね。

親が子を殺す。子が親を殺す。
こんな事件が毎日毎日聞かれる日本にとってちょっとは考えさせれる映画であるかもしれません。
親があってこその子。子があってこその親。この作品を見てそんなふうに思える人が増えていけばいいなと思います。

幸せのちから公式
幸せのちから@映画生活
スポンサーサイト
雑記TB:1CM:0
<< MNPホーム全記事一覧どろろ >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
『幸せのちから』
幸せのちから『幸せのちから』(''The Pursuit of Happyness'')は2006年のアメリカ映画。事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の
みおのblog|2007/02/03(土) 03:50

トラックバックURLはこちら
http://otyanoma.blog51.fc2.com/tb.php/127-cf88cfe5

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

blogpet

占い

フリーエリア

■ファンサカチームプロフィール

嘉門達夫の万能塾


ブログランキング・にほんブログ村へ





Copyright(C) 2006 お茶の間 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。